スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハカン 1.04

箱ウル4ハカンランキング日本一になりましたが、何日か前に抜かれて2位に戻りました。

さてまたもやアップデートがありまして今回ハカンは遂に弱キャラではなくなりました。本当に言い訳ができない強化がきてしったためマジで嫌われキャラTOP3くらいに入るんじゃないでしょうか?

屈小パから目押しコンボ行けるようになったのはあまりにもでかい。さらに油状態なら連キャンまで効いてしまうというとんでもない強化。これだけでも投げキャラとしてありえないレベルの強化だと思います。
そしてJ中Kの判定拡大。これマジですごすぎます。油限定とはいえここまでのびると思ってませんでした。はっきりいって相手からしてみたら完全にクソゲーです。絶対に見えない表裏択が簡単にできるようになってしまいました。
はっきりいって今Verハカンは強いです。今後弱体化がなければ間違いなく大会で上位に入れるポテンシャルはあるでしょう。

さて今回のネタはさっそく強化されたJ中Kを使った表裏択の紹介です。

対リュウケンとか
プレス→屈小K→チョイ前進→前J大Kor遅めJ中K
大Kなら表、遅め中Kなら裏になるタイミングがあります。たぶん前進は4Fくらいじゃないかなと思う。ディレイされても昇竜
はガード間に合います。

対イブキ
ダイブ→チョイ前進→屈中K→立ち中P→前J中K
ガー不。なんだけどファジーされると表ガードされます。ただし屈中Kもつぶす上、風切りもスカすので初見で対応するのは厳しいはず。さらにディレイにめくりなのでダイブがヒットしたらまず使ってます。ハカンの起き攻めにはしゃがんでればいいと考えてるイブキに対してこれを決めた後、次のダイブでJ大Kのガー不をしてみましょう。試合が終わります。

対セス
プレス→6大K→前J大Kor中K
ダイブ→12F消費→前J→前J大Kor中K
プレスやダイブ後のガー不用フレーム消費をした後ディレイしていなかった場合にも油J中Kならめくりで当たります。
ディレイの場合そのままガー不をしてください。
油があるうちにプレスやダイブを決めた場合は絶対このセットプレイをした方がいいです。次のガー不に移る前に油が切れたとしても気合いでJ大Kガー不を通して中P→ステローEXスラを決めれば確実にスタンさせられます。
セス側が徹底して引いて戦って来た場合ハカン側はなす術がありません。ワンチャンですべてを終わらせましょう。

対ルーファス
プレス→屈小K→ショートJ大K(ガーポジ仕込み)
プレス→屈小K→3Fくらい前進前J中K(ガーポジ仕込み)
フレーム消費遅れなければJ大Kも裏、中Kは普通に裏。ガーポジ仕込むことでEX救世主をスカします。EX救世主がハカンを飛び越える形であれば屈中Kスラが確定するはず。ルーに対してはディレイされても強気に地上から攻めましょう!
その場合は中ダイブ仕込みの立中Pがおススメ。中Pガードされたらまた回してコースター決めましょう。

追記:EX救世主スカしても相手が弱派生最速で打つと屈中K刺さりませんね。適当かいてすいません。となると大スラ単発が確実か。ただ屈中Kスカっても大スラ間に合うので入れ込みでいいでしょう。

まだまだ色々ありますがあまりにもとんでもない強化が来たのでこれから調査が続く日々になるでしょう。絶対に弱体化が来ませんように・・・
スポンサーサイト

ウル4

ウル4参戦しました。もちろんハカン一本で行くんでよろしくお願いします。

ディレイ用起き攻めメモ

対セス  プレス
・6大K→前J大K 
・屈小Por屈小K→前ダッシュ〈oil)→前J大K
・立ち小Por立ち小K→前ダッシュ→前J大K

全てガー不。オイル関係なくディレイ読みなら6大K推奨。

対セス  ダイブ
・立ち小P→前J→前J大K
ガー不。

対さくら プレス
・2中K→SJ大K
めくり

ダイブ→ちょい歩き通常投げ→屈中P→前J大K持続あて
ガー不

対イブキ
ダイブ→2中K→2中K→前J大K
ガー不

ダイブ→ちょい歩き→通常投げ→2中P→前J大K
ジュリ、ガイ、ルーファス、フォルテ、バイソンにガー不

ダイブ→ちょい歩き→通常投げ→2中P→前J大K持続あて
さくら、春麗、ダルシム、ロレント、フォルテ、フェイロンにガー不

対ジュリ
プレス→2小K→3~4F歩き?→前J大K
ガー不、リバサ旋風車スカ

対ガイ
プレス→2小K→2~3F前進→前J中K
めくり、リバサ旋風脚スカ

コーディー、エレナ、キャミー、ディカプリ、まこと、さくらはプレス→前J大Kガー不からタックルがつながる。セビキャン中Pコパロー補正切りダイブでダメージ500越え。

5000ハカン

pp5000目指して練習中!4000を切ることはほぼ無くなってきました。

3ヶ月前より成長した点は、
ガードが硬くなった、コマンドミスが減った、セビブロ以外の対空が出るようになった
の3点。
言うまでもなくガードが硬くなったことが一番デカいです。
ガードし続けることで相手の癖を感じ、勝負どころのコマ投げを決めやすくなりました。私自身対戦してて辛いのがガードの硬いコマ投げ持ちキャラなので相手も同じようなプレッシャーを感じてくれてるんだと思います。

次のコマンドミスが減った、というのはもうウルコン1をミスんなくなった、ていうのとイコールですね。
油ハカンの前ステウルコンはあまりにも強力なので絶対にコマンドミスはなくしたいです。土壇場の前ステウルコンは体感的にセビブロコースターよりミスりやすいですね。これを確実に決めれるようになってからホントに勝率がめっちゃあがりました。絶対にランクマやる前に練習した方がいいです。
ちなみに私はウルコン2は完全に捨てているので全キャラオイルコースターでやってます。完全に好みの問題なんですけど一発逆転要素のでかいコースターがあると精神敵に安定するんですよねw

最後にセビブロ以外の対空について、
小スラ、大P、タックルくぐり、ハカンスマッシュ、空対空、これらの対空を割と使えるようになってきました。中でも小スラはマジで強いです。有効なキャラにはキッチリ出せるように練習しました。
ハカンの対空全般に言えるのは同じことを連続してやると対応されやすいということ。セビブロや小スラばかり使ってると空ジャンプに泣かされます。空対空が意外と強いので時折混ぜると、また小スラが機能しだしたりしますね。
私がよくやるのはウルコンが必要な場面になるまでタックルくぐりは隠しておき、ここぞという時にタックルコースター発射、というのです。高確率で決まるので結構狙ってます。


これからの課題は、
コンボミスを無くす、セットプレイミスをなくす、地上戦強化。
とりあえずこの3点。
詳しい内容はまた次回書こうかなと

スパ4AE ハカン

とりあえずPP4000安定を目標に黙々とランクマ中。

ハカンで安定するために何が必要か。以前は勝つためには分からん殺しのセットプレイが大事かと思ってたけど、そういったものにはやはりリスクが付きまとうため安定はしない。一時的に大勝ちしたりはするけども。
そこで現在はとにかく油を切らさないことが大事、という結論に。油を切らさないことを重視した立ち回りさえできればハカンにありがちなワンサイドゲームを少しは減らせるはず。といっても単にダウンを奪ったあとのチャンスタイムを全てシャワーに回すだけでは火力不足なのでうまい具合に調節することが必要。

油時間の把握・・・めちゃめちゃ大切。プレス後のセットプレイに失敗して相手のターンになってもある程度の油時間が残っていれば何とかなる。要は油が切れた状態でダウンを奪われる可能性があるうちは無理にセットプレイに行かない方が絶対安全ということ。もちろん相手キャラや残り体力にもよるけど。
最近は状況によって被弾してでも大オイルを塗るようになった。それくらい油なしハカンで起き攻めを喰らうことは危険。

攻め・・・ホントは油時間をある程度確保してから攻めに行きたいけどゆっくり塗らせてくれる相手はほとんどいない。幸い開幕油は10秒と長いためこの間に気合で油を濡れる状況に持っていく。自分はこの最初の10秒を最も大切な時間と考えている。相手が攻めてこないならバクステで逃げて塗るし、ガンガン来るならセビとかコマ投げとか積極的に狙っていく。結局油があってもどっかでチャンスタイムを奪わなければジリ貧になるだけ。

結論→油をきらすな
プロフィール

マトス

Author:マトス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。